立正佼成会 奈良教会 > まほろば 奈良教会長コラム

まほろば 奈良教会長コラム

令和三年一月度 ご法話を学んで

2021.1.1

★佼成1月号「会長法話」をご拝読ください。

【佼成1月号】

 

(朗読 MP3

 

令和三年一月度 ご法話を学んで



新年あけましておめでとうございます。
皆さまに旧年中は
大変お世話になりましたことと共に、
元気に新たな年を迎えさせて頂きましたこと
重ねて感謝申し上げます。

昨年次はコロナ感染対策として誰もが
活動の自粛を余儀なくされた一年でした。

しかしながら、多くの会員の
皆さまから耳にするのは
「コロナのおかげさま」
という不都合な状況を受け入れる
心になっているご様子に、
み仏様、開祖さま、会長先生のお弟子であり、
僧伽(サンガ)としてのご修行の
賜物だと思わざるをえませんでした。

未だコロナの終息は見えませんが、
この教えによってコロナ禍であっても
感謝を忘れない日々が過ごせること、
コロナ禍による不安や苦悩を乗り越えて
いける実感を多くの方と分かち合い、
明るい令和三年次の精進を
お誓いしたいものです。

さて、佼成一月号会長先生ご法話
『常不軽菩薩のように』に学び、
私が受け止めさせていただきましたところに
ついてご案内いたしたいと存じます。

言わずと知れた常不軽菩薩とは、
妙法蓮華経の二十番に
お出ましされる菩薩さまです。

さらに、その常不軽菩薩の特徴は、
出会う人の誰に対しても
合掌・礼拝し讃嘆した方と説かれています。

それを踏まえて、会長先生の
ご法話をかみしめたいと存じます。

冒頭、『本年もまた「善いこと」
を繰り返し行って、お互いさま美しく
豊かな一年にしていきたいものです。』
とおっしゃっているのですが、
【また】という表現にドキッとしました。

私たちの多くは、先ほどのように
「コロナのおかげさま」
と言えることの尊さを振り返りましたが、
「美しく豊かな一年」
とまで昇華した受け止め方で
あっただろうかと自問し、
「善いこと」
を繰り返していたとしたらそのように
受け止めることができていたのでは
という疑問にもなりました。

ではその「善いこと」とは何なのでしょうか?

日蓮聖人は
「人の道―行動や態度を教えること」
といっておられることを引いて、
『私たちにとって生き方の基本となる、
日常生活における「善いこと」が示されている』
として深めて参りたいと存じます。

この常不軽菩薩は
どんなにひどい仕打ちを受けても、
人を見下げたり、怒りや憎しみを
抱いたりしないで耐え忍び、
罵声や暴力から身を遠ざけながら
礼拝行に徹した姿勢は、
仏教を信仰する者のお手本と
いえるとまで仰ってくださいました。

その終わりに、
「但礼拝を行ず」
の一言にこめられた精神をそのあとに続く
【かみしめ・味わい・血肉として・行動する】
までを一連の実践として
取り組ませていただきたいものです。

よく、身につくまでの実践といいますが、
まさに言葉通りの実践を決定する
ところだともいえるのではないでしょうか。

後項の『「常不軽菩薩」と「雨ニモマケズ」』では、
太陽の恵み、水や空気などあることが
当たり前のように思っているのは
私だけではないと思いますが、
当たり前のことになると関心ももてずに、
感謝のこころなどはさらさらとなりがちですが、
私を取り囲むすべてのものに
感謝することは大切な礼拝行であり、
具体的には、天気に文句を言わない、
水を大切に使い、ものを無駄にしないことも
合掌の一つの形とお示しくださいました。

青年の日にも掲げられていましたが、
全地球規模で取り組んでいくべき目標ともいえる
《SDGs※1》誰もが関わりを持っている
課題としてとりくむことは
すべてのいのちに対する礼拝の姿勢
ともいえるのではないしょうか。

さらに、人に不平不満をや愚痴をこぼさない、
悪口や怒りをぶつけないことも、
相手の仏性を信じて敬う、
人間としてのつとめともいえ、
まとめると、身近な行動や態度や言葉の
一つひとつが合掌・礼拝を身で
あらわす行と頂戴しました。

それをふまえて、会長先生ご自身が
「常不軽菩薩品」と重ねる気持ちで
お読みになって感銘を受けられた
全文をご紹介しておきます。

この全文に、法華経に縁のない人でも
菩薩としての行動や態度が
よくわかるわけですから、
ご縁の皆さんと、会長先生と
同じくこの詩を拝読させていただき、
年明けからの心持の指針として
かみしめて参りたいと思います。

《雨ニモマケズ》宮沢賢治
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ䕃ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

結びにあたり、令和二年という年は
世界的にも日々のあり様が根底から覆され、
新しい価値観を受け入れざるを
得ない状況に誰もがおかれました。

結果、自身を振り返ることで
感謝の人生を歩んでいたことに
たくさん気付かかせていただきました。

おそらく、この状況は引き続きに
なることでしょうが、この状況下にあっても、
会員のみなさま、はじめ関係各所の方々と共に、
即是道場の精神をかみしめ、
常精進の過ごし方を目指して
まいりたいと存じます。

先の宮沢賢治の詩の最後にあるように、
どんな自分になりたいのかを強く持ちつつ、
布教伝道、菩薩行実践のワ
タシニナリタイと祈念しております。

重ねて、皆さまに置かれましては、
良い年をお迎えくださいますよう祈念しつつ、
あらためて皆さま今年一年
どうぞよろしくお願い申し上げます。

合掌
立正佼成会
奈良教会長 中村 浩士

※1SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,
2001年に策定された
ミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,
2015年9月の国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」
にて記載された2030年までに持続可能で
よりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され,
地球上の「誰一人取り残さない
(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず,
先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)
なものであり,日本としても積極的に
取り組んでいます。外務省HPより抜粋

令和二年十二月度 ご法話を学んで

2020.11.30

★佼成12月号「会長法話」をご拝読ください。

【佼成12月号】

(朗読 MP3

令和二年十二月度 ご法話を学んで


皆さま、日々ありがとうございます。

十二月一日には教会発足四十七年の慶事を
迎えますことお喜び申し上げます。

祝典の機会は見送りせざるを得ないわけですが、
それぞれのご家庭で感謝の誠をかみしめてまいりましょう。

本年はコロナ感染に応じた生活を余儀なくされ、
家庭や職場、地域の活動を自粛することで、
感染リスクを下げる努力を会員のみなさまを
はじめご縁の方々と行ってまいりました。

その努力もあって会員各家のみなさまから
今のところ感染の報告はございません。

これもひとえに必要な対策を徹底したご精進の賜物と存じます。

引き続き、この状況は継続の様相を呈しておりますが、
まず自らが感染しない、感染させないという
基本的な行動をとってまいりたいと存じます。

さて、今月は『清々しい毎日をおくる』
と題してご法話を頂戴しました。

前項の、『即ち是れ道場なり』では
新型コロナウイルスの影響により、
感染した方や身近な人を亡くした方などの
そうした多くの方の身心の痛みや病気への
不安を一日も早くの終息を願い
祈っていてくださっている
会長先生に感謝とともに、私どもも
世界の皆さまのこころの安寧と早期終息を
祈念させていただけていることも大きな感謝です。

確かにコロナ禍にあって、
大きく生活スタイルが変わったわけですが、
わすれてはならない大切なことがあると
お示しくださいました。それが

「法華経の信仰に生きる人の生活の場は、
どのようなところでも、そこが道場である」

「法華経で修業とは、私たちの日常生活の
最中(ただなか)である」(久保田正文師)

を引用されています。

自分と違う意見や行動を敵視し排除しようとする
気持ちの多くは、正体のわからない不安や
今後の不透明さによる心のざわつきだと
思うと理解できるところはありますが、
その奥には、どのような心の動きが
あるのだろうかと一度受け止めてみると、
会長先生の仰っていただく

【自分とは違う意見の人の姿勢をも理解し、
やさしく柔軟に受けとめられたでしょうか。】

という問い掛けにその通りと
お答えすることができるのではないでしょうか。

そういう一つひとつ身に起こる出来事と
向き合えることが

「即ち是れ道場なり」

という精進なのではないでしょうか。

後項には『心がきれいになると』
において、法師功徳品には

【生きる姿勢や日々の言動をとおして
法華経の教えを実践し、世に弘める人は、
六根(眼、耳、鼻、舌、身、意)が
清らかになるとあります。】

さらに、

【私たちは、毎日を清々しくすごす方法を知っています。】

と伺ってなお、そうではない自分と
向き合うことに躊躇することが多いようにも感じます。
しかし、ここでお示しくださっている、

【人の善いところが見えて悪いところを
探す気持ちが起きない。
なんでもおいしくいただける。
読経供養が習慣となり、人に会うと思わず合掌してしまう。
こういうことを無意識にうちに行っているとすれば、
きれいな心で円満な毎日を送っていると
いえるのではないでしょうか。】

との問いかけですが、私でも少なくともなんでも
おいしくいただけているとすれば、
私もきれいな心で円満に毎日を送っていると
自負してもよいのかもしれません。

法師功徳品にある

(法華経の教えを持つ人は、心が清浄なために
さまざまなはたらきができて、
たとえ迷いがすっかりなくなっていなくても、
高い境地に心安らかにとどまり、
多くの人に親しまれ、敬われることでしょう)

の一説がこれまでを端的に示していることと合わせて、
仏さまが語り掛けてくださっている相手は
「常精進菩薩」であることを、
会長先生は、釈尊が私たちに対して励ましを
くださっているようだと示してくださいました。
この励ましのことばでもある

「いつでも、どこでも、だれに対しても、
思いやりとやさしさ、そして
温かな気持ちを忘れない菩薩であれ」

を身において新たな令和三年次をお迎えしたいと存じます。

最後に、今年はコロナ感染対策に
明け暮れていたように感じますが、
その一方、会員の皆さまから聞こえてくる声の
多くはコロナのおかげさまという声です。

これまで感謝と受け止めることができなったことが
いかに有り難いことであったかを気付かせて
いただける機会とされた方が多かったようです。

会長先生のご指導のように
それぞれの置かれた場所で、菩薩として
苦しむ方に手を差し伸べようとされる方が
如何にこの奈良教会に多いことかという顕れであり、
一言でいえば「即是道場の精進」ということが
多くの方々に備わっているのだと思うと
この状況下も不必要な恐れを抱くことは
無いように思えてきます。

令和三年次の教団方針にある三つの方向性として

「教えによって救われる喜びを真に実感できること」
「新たな運営のあり方の創造」
「救いと運営に役立つツールの開発」

が示されました。これを私自身の修行の指針
として受け止めてまいりたいと存じます。

改めて、皆さまにはお身体ご自愛いただき
令和二年最後の月を迎え、
開祖さま、会長先生のお弟子として
ご法精進できる今あることに感謝の念を
かみしめさせていただきたいものです。

皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

合 掌

立正佼成会

奈良教会長 中村 浩士

令和二年十一月度 ご法話を学んで

2020.11.1

★佼成11月号「会長法話」をご拝読ください。

【佼成11月号】

(朗読 MP3

 

令和二年十一月度 ご法話を学んで



皆さま、日々ありがとうございます。
いよいよ、令和二年度の結びとなる最終月を迎え、
来る次年度をどのような年度とするかという
心構えを持たせていただける
開祖さま生誕会の月となりました。

最近耳にすることが多くなったと感じるのですが、
多くの方々がコロナ禍にあってご苦労されている
中でも、不平不満を言い続けている方と、
おかげさまと感謝の毎日を送られている方の二極に振
れてきているようです。

私はおかげさまで、自粛の初期は先の見えないことに
不安感を払拭できない時間がありましたが、
しかし、開祖さまのご著書や、会長先生のご法話に
暗闇の中に灯る希望と事態に向き合う勇気を頂戴し、
教会幹部の皆さんや諸役の皆さんと共に
励まし合いながら多くの協力を得つつ、
会員の皆さまには自粛というご努力の積み重ねで、
何とかここまで務めることができましたこと
厚く御礼申し上げます。

それは、会員各家において「即是道場の精神」を
受けとめられ、菩薩行実践をご自身の生き方に
転嫁できた功徳とも言えるのではないでしょうか。

お互いさまその功徳をかみしめ、
開祖さま生誕会の月に今あることの
感謝を深めてまいりましょう。

さて、今月は『「ありがたい」といえる幸せ』と
題してご法話を頂戴しました。
前項の、『随喜の心』で冒頭から法華経の
「随喜功徳品」の教えを聞いて心から歓喜した人が、
その喜びを別の人に伝えることの功徳について、
「五十展転(ごじゅうてんでん)」の教えを
お示し下さいました。

経題の「随喜」の意味である、「他人の善い行いを見て、
心に歓喜を生じること」は私たち一人ひとりにも
経験したことがあるでしょうと、
災害復興に協力するボランティアやコロナ禍の最前線で
尽力されている医療従事者などのお姿に、
敬意や感動をもった心が震えたことを
思い出させて頂きました。

更に身近な電車の車内の小さな女の子の無垢な姿にも、
様々に感動や心が癒され心が震えるような経験を
私たちはどうしてできるかというと、
小さな女の子と同じ無垢な心や苦しむ人を助けたいという
同じ気持ちが私たちにもあると仰ってくださり、
もっと踏み込んで、「実際に行動していなくても、
善い行いに心を打たれたとき、自分はもうそこに
参加しているのです。」と示して下さいました。

自身に振り返ると、なぜそのように行動できないのか。
どうして素直な気持ちになれないのか。
という悔恨の念を強く感じ、〈
仕方がない、しょうがない〉などという言い訳をならべて、
できない理由に安心する心のクセがあるように思います。

しかしながら、ご法話では、自分も参加していることと
受け止めると、どうしたら実践できるのか。

どうすれば素直になれるのか。という前向きな気持ちにもなり、
「あとは、その思いをどう体現するか」
という会長先生のお言葉から、私たちの目標や誓願に
つながるのだと、受け止めさせていただきました。

後項では『私たちが「感謝」できるのは』にあって、
高い目標を自身の状況と比べると卑屈な心境になりそうですが、
会長先生は「感動や歓喜を生きる力に変えたり、
すばらしいできごとに出会って「ありがたい」と
感謝したりできるのは、人間独特の感性といわれます。」

人によってできることは異なるのですから、
この人間独特の感性のおかげさまで、
お互いの違いを認め自身の個性や能力を発揮していくことが
できるのではないでしょうか。

しかし、「心をもつ人間だけが、嫉妬や怒りや欲に迷い、
ときに不調和に苦しみながら生きているのです。」
とありますが、逆にいつも「ありがたい」と感謝の心で
生きることは、大自然と調和している証しだと、
受け止めることができるのではないかと思います。

更に進んで、「何ごとも素直に「ありがたい」
「うれしい」と受けとめることで、
ほんとうの心の安らぎが得られることを知っています。」
というお心に、私たちは有り難いことに、
この教えに触れることができ、開祖さま、会長先生の
お弟子に加えていただいているが故に、
知っているという実感を持つことができているのだと存じます。

ここで、感動と感謝が凝縮された法句経の一節として
【人の生を受くるは難く、やがて死すべきものの、
いま生命あるは有り難し】
をご紹介下さいましたが、同じ一節について開祖さまは、
「ありがたい」というのは「有り難い」であり、
元の意味は「有ることが難い」すなわち「めったにないことだ」
というわけです。ひとから何かを頂いたり、親切にされたりしたとき
「ありがとう」というのは
「有ることが難いことをしてくださって感謝します」
というわけで、たんに「サンキュー」と礼を述べるより
格段に深く尊い意味を持っているのです。(中略)

この地球上には二百万種類以上の動物がいるそうですが、
その中で、ドブネズミやゴキブリでなく、
ブタやブロイラーでもなく、
人間としてこの世に生を受けたことは
何百万年も前からの因縁の積み重ねによるものであって、
まことに「有ることが難い」ことなのです。

われわれは、いつもはそうした有り難さを忘れていますが、
たまにはそのことに思いを致し、遠い祖先から現在の父母、
そして自分自身に至るまでの因縁の有り難さに
感謝しなければなりますまい。

先祖供養の第一の意義もそこにあるのです。
苦しみをもありがたいと思う
また、右のお言葉の後半の「いま生命あるはありがたし」
というのは、たんに生きていることが有り難い
というのではありません。

その奥には「天地の万物に生かされているありがたさ」
という意味が秘められていることを知らなければなりません。

太陽・空気・水・土・草・木などの自然物を始めとし、
米・野菜・魚など身を養うもの、羊毛・木綿など身を護るもの、
それを作っている人、それを運んでくれる人等々、
数えあげればキリのないほど
多くの人びとに、われわれは支えられ、
生かされているのです。

このことをつくづくと思えば、だれしも天地すべてのものに
感謝せずにはおられなくなるはずです。

それが人間らしい人間なのです。(以下省略)

抜粋(『佼成』1987年5月 日々ありがとうございます)

開祖さまのご法話にあるように、すべてに生かされている
私たちのいのちの有り様に気づくことが、
ほんとうの意味の感動と感謝の凝縮された心もちに、
ならせていただけるのだと受け止めさせて頂き、
これこそが、「命をいただき、
いまここに生きる人間の本質的な喜び」
ですから、人間らしい人間として素直に
人にお伝えさせていただき、まことの幸せを
私たちが広げて参りましょう。

最後に、未だ終息をみない状況ですが、
教えのおかげさまで明るく、優しく、温かくあることを
忘れずに過ごさせていただいております。

それも会員の皆さまがそれぞれの場所で
ご努力されているということが、
大きな力になっているとおもいます。

年度の最終月にあたり今一度、自身を振りかえり、
明るく、優しく、温かい自分づくりを目指して
誓願をもたせて頂きたいものです。

重ねて、今月は開祖さま誕生会の意義ある月を迎え、
全世界を巻き込んでいるコロナ禍であっても、
開祖さま、会長先生のお弟子として
ご法精進できる今あることに感謝の念を
かみしめさせて頂きましょう。

皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

合 掌
立正佼成会
奈良教会長 中村 浩士

 

 

令和二年十月度 ご法話を学んで

2020.10.1

皆さま、日々ありがとうございます。
秋季彼岸会を過ぎて、
秋が深まっていることを感じる今日この頃ですが、
皆さま如何お過ごしでしょうか。

コロナ感染対策に終始した今年度も、
振り返りをする時期となり
私自身のありようについても今一度、
内省させて頂いているところです。

また、教会の自粛期間の解除を
待ち望むお声を耳にするに、
多くの会員の皆さまの期待に早く応えたい
というところも視点として持っております。

現在、徐々にではありますが、教会役員、
並びに諸役の皆さんと検討を重ね、
より良いかたちでの解除にむかっていこうと
しているところです。

しかし、正式な定義はされていないものの、
コロナ感染の第2波ともいえる中で、
景気喚起策も順次発表されているわけですが、
未だ感染拡大当初の対策自体が
緩和されたわけではないことを鑑み、
改めて細心の注意を払いつつ、
引き続き会員の皆さまの善き縁となることが
できる即是道場のご修行に
寄与してまいりたいと願っております。

それでは、今月も10月号佼成から
会長先生のご法話を学ばせて頂きたいと存じます。

さて、今月は
『心が変われば、生き方が変わる』
と題してご法話を頂戴しました。

前項の、『みんな同じ仏の弟子』にて、
9月号佼成にもご紹介くださいました。

チューラパンタカ(周利槃特:しゅりはんどく)
が釈尊のお言葉を素直に信じて実践した結果
「心の塵を払う」ことが大事だと悟って、
生き方が一変したという説話と共に

「心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる」

という先の話を参考にしたかのような言葉を受けて、
運命、「めぐりあわせ」も変わり、
言葉を換えれば「縁:えん」が
変わることができることをお示し下さいました。

これは、チューラパンタカのように
大事なことに気づいて心が定まると、
縁の受け止め方が変わって、
不都合な縁であっても生かしていくことが
できるということを投げ掛けてくださいました。

そのように生かすことができればいいのですが、
できないと卑屈で捉える方に対しても
安心や希望を持たせて下さいました。

浅い受け止め方だと、
愚鈍なチューラパンタカでさえ
生き方が一変したのだから、
少しはマシな自分なら
いつでも生かす受け止め方ができる。

などと驕慢さを発揮しそうですが、
ここでは会長先生より、
チューラパンタカと同じく仏の教えをいただく
弟子の一人であることを忘れてはなりませんとあり、
それこそ同じご縁をいただくものの
希望や可能性として、「心の塵」の払い方は
人それぞれ違いがあっても、仏の教えを信じて、
行じていけば、おのずと運命が
変わっていくとお教えくださいました。

改めて、相対的に人と比べて可否を
感じることよりも、仏さまの教えを
いただいているという絶対のご縁を信じて
いくことの大切さを学ばせて頂きました。

後項では『「信じる」ということ』にあって、
《私たちはときおり心がぐらついて、
教えの軌道を外れ、自己中心の
言動に走ってしまいます。》

として、その原因を開祖さまのお言葉にある
「信仰は、ただやみくもに信ずると
いうのではなく、真理にめざめて信ずる」
から、ただ信じればいいのが信仰ではない。

「智慧」に根ざした生活を送ることが、
「仏の教えを信ずる」ことであり
「信仰」なのです。とお教えいただきました。

このお言葉を受けとめた時に、
仏さまとともにあるという実感を
お互いに語り合うことができたときほど
幸せなことは無いのではと思います。

そのような実感をもつ方々は
会長先生のお示し下さった「智慧」に
根ざした生活をされている
方々ではないかと思います。

私もご縁になる時にお互いさまに、
この「信仰」を深めることができたときに
本当によかったと喜ぶことができ、
私も一緒に共感できる私に
ならせていただいたのだと思うと
改めて感謝の気持ちでいっぱいに
ならせていただいております。

締めくくりに、
法華経の「分別功徳品」の一節を以って、

〈私たちが仏とともに
永遠のいのちを生きていることや、
みんな仏性なのだということを、
たとえ一瞬でも信じて「なるほど」と思ったら、
それだけで計り知れない功徳があるというのです。〉

この一瞬の納得のできた分のふり幅こそが、
教えの如くに生きることができる希望や
可能性なのだと思いました。

たしかに、日ごろは気持ちにもムラがあり
簡単に行ったり来たりを
繰り返していることが多いのですが、
少なくともこの一瞬だけでも
その理想のいただきを感ずることが
できた実感は何にも変えがたいもの
なのではないでしょうか。

先程の「なるほど」という納得を、
腑に落ちるという言葉と同義語とすると、

【心の据え方一つで、
いつでも仏と同じ大きな心で楽々と
生きられる人生が開けてくるのです。】

いま、ここから、より善くなることが
できることを、信ずることができているかを、
ご自身に問いかけてみてはいかがでしょうか。

そして、信ずることができていることを感じたら、
感謝でその喜びを伝えてみてはいかがでしょうか。

その行動の変化こそが楽々と生きていける
過ごし方になるのだと思います。

最後に、コロナ禍であって
大変な状況にもかかわらず、
喜びの声をお聴きすることが多くあります。

逆に、教えから遠ざかっていました、
という方もおられます。

日々の生活に自身を振り返ることの
機会がなかったのかもしれませんが、
今月は開祖さま入寂会の月です。

私たちは開祖さまの弟子として、
これまでの自分を振り返り、
特にこれまでに体験したしたことのない
状況下にありながらも、
どのような日々を過ごすことができていたのかを、
しっかりと内省の機会とさせて頂きたいものです。

まだまだ、直接お会いすることは
控える状況は続きますが、
お互いさま歩み寄ってご縁を結ぶ機会を
創造して頂けましたら幸いです。

先日もある会員さんからお葉書を頂戴しました。

近況やサンガの有り難さを
お知らせくださいました。

更に、自ら伝えようとされるお気持ちが
嬉しく安心させて頂きました。

皆さんもお顔の浮かんだ方へ
近況報告してみてはいかがでしょうか。

また、今月も元気に皆さまと共に
努力精進させて頂きたいと存じます。

皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

合 掌
立正佼成会
奈良教会長 中村 浩士

 

★佼成10月号「会長法話」をご拝読ください。

【佼成10月号】

(朗読 MP3)

 

令和二年九月度 ご法話を学んで

2020.9.1

皆さま、日々ありがとうございます。
未だ残暑きびしく体調管理も難しい
この頃ですが、時期としては一雨ごとに
秋らしくなり年度の終盤に
差し掛かってまいりました。

しかしながら、コロナ禍の状況は変わらず
行政もさまざまな試みを打ち出して
下さっていますが、現状を大きく
好転させるまでに至っていないことは
皆さんの周知されているところと存じます。

その中でも奈良教会におきまして、
コロナ感染対策の啓発、注意喚起を期待して
オリジナルポスターを作成させて頂きました。

近日中には、皆さまのお手元に
お届けできることと思います。

それでは、今月も9月号佼成から会長先生の
ご法話を学ばせて頂きたいと存じます。

さて、今月は『ともに悲しむ』
と題してご法話を頂戴しました。

前項の、『人の悲しみを悲しむ心情』にて、
「ともに」という和合亮一さんの誌を引用され、
《つらい経験をして悲嘆にくれる人に
出会ったとき、私たちはこの詩のように、
相手を思い、ときにはともに
涙したり、手をとって
「いつでもそばにいますよ」
と励ましたりします。》

これは、人の苦しみに共感して
ともに悲しむことができるという人間に
具わっている心情だと示して下さいました。

更にその共感力といえるようなものは、
人生において代表的な四苦(生老病死)などに
出会ったときに感じるつらく悲しい気持ちを
沢山味わった人ほどより発揮されると
お教えくださいました。

きっとほとんどの方々にあてはまること
でしょうし、私自身に当てはめてみても
どちらかといえばつらく悲しいことの方が
多く感じているように思います。

教えに出会っていなかった時には
気づきもしなかったでしょうが、
このつらく悲しみの体験がそのまま
傷となって残るというより、
人の苦しみや悲しみがよくわかり、
身につまされるものになること
なのだとお示し下さいました。

この心もちは、人の力になることができる
自身の存在を意味あるものとして捉え、
つらく悲しい渦中にあっても希望の灯に
なるものと受け止めました。

数学者 岡潔さん
(奈良女子大の教授もされていたようです。)
の言葉にある「宗教の本質」とおっしゃた、
人の悲しみ、自分の悲しみをわかり感じる
ことを、法華経の如来寿量品の掉尾の一節、

「何を以てか衆生をして 無上道に入り
速かに仏身を成就することを得せしめんと」

(どうしたら人びとが迷うことなく、
仏になってもらうことができるかと、
それを常に念じている
/菩提の芽を発さしむP26より抜粋)

という仏さまの心もちを、私たちも教えに
よって持たせて頂けることを示して
いただけたのではないでしょうか。

後項では『自他の仏性が輝くように』において、
暦のうえでの「白露」の露にはかない
印象ありますが、同じくはかなく
思える無常の世といえども

「悲しみにくれる人がいないように」
「だれもが仏性に目ざめて救われるように」

という仏さまの切なる願いを
お伝えくださっており、
私たちが目指す菩薩という人に寄り添う
生き方の示唆を頂戴しているのでしょう。

自分の愚かさを嘆き、泣き沈むチューラパンタカ
というお弟子とお釈迦さまの寄り添い方を
手本としてみたいものです。

ここで私の勝手な推察ですが、
「塵を払わん、垢を払わん」
と唱えながら掃除をすることを
お勧め下さったわけですが、
言葉を発することによる心の整えと
善行という行動の一致によって定まって
きたのではないかと感じております。

とはいえ、仏さまがチューラパンタカに対して、
心を救い、悲しみや絶望感を喜びに転じさせた
要因は、ひたすらに仏性を信じて寄り添う、
釈尊の大慈大悲から生まれる
やさしさにほかならないでしょう。

とありますが、このことについて、
善も悪も持ちあわせる私たちの、
だれにも共通するのは、
仏性という揺るぎない本質、仏と同じ
「永遠のいのち」
を生きている私たち、善も悪も体験した私たち
だからこそ、自他の仏性が輝くようなふれあい、
とりわけ悲しむ人に喜びを与える縁となる
実践ができると、信じてくださいってるのでは
ないかと思うと先のご法話によって
灯った希望の灯が勢いよく明るさをもつものと
なるように受けとめさせて頂きました。

振り返れば、私たちそれぞれに、
チューラパンタカに寄り添って下さった
ようにして下さった方がいたおかげさまで、
日々感謝のこころをもって過ごすことが
できていることを改めて感じるのですから、
今度は私たちが、つらく悲しんでいる方へ
寄り添い、やさしさの発揮をすることができれば、
きっとコロナ禍にあろうとも
希望の灯になれるのではないでしょうか。

折角ですから、皆さんが
チューラパンタカと仮定して、
お釈迦さまに当たる方は、どなたですか?
その方はどのような方ですか?

どののような寄り添い方を
してくださいましたか?

最後に、今月は脇祖さま報恩会、秋季彼岸会、
敬老会などこれまで頂いたご縁、
救いの手を差し伸べてくださった方々や、
日々お支え下さっている周りの方々、
同じ時代を共に生きている世界の方々など、
感謝の誠を捧げる機会が多くある月でもあります。

周りを取り巻くことで言えば、
この状況下にも感謝させていただくことも
多く有ることと拝察します。

唯々、不安や恐れに慄くのではなく
創造や工夫を繰り返し、更なる成長の
糧とでもなるよう皆さんと共に
修行精進させて頂きたいものです。

重ねになりますが、お互いの距離に注意して、
マスク使用や消毒と手洗いの徹底、
定期的な換気など対策をしっかり行うことで
リスクは減るのですから、私たちから
徹底して周りの方々にも注意喚起して安心した
精進につながるようにしてまいりましょう。

また、今月も元気に皆さまと共に
努力精進させて頂きたいと存じます。

皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

合 掌
立正佼成会
奈良教会長 中村 浩士

 

★佼成9月号「会長法話」をご拝読ください。

【佼成9月号】

(朗読 MP3)

令和二年八月度 ご法話を学んで

2020.8.1

皆さま、日々ありがとうございます。

はじめに、令和二年七月豪雨における
犠牲になられた方々のご冥福、並びに
被害に遭われた方々の早期の復興に
むけてご祈念申し上げます。

また、酷暑のころをむかえましたが、
新型コロナウイルスの状況は
一時期の収束感から一変し、
日々感染者数の更新が彼方此方で
発表されていることは皆さんご周知の通りです。

しかし、奈良教会としては、
皆さんのご協力のもと、
再開にむけて精進しつつ、
状況に柔軟に対応するべく、
教会役員の皆さんや担当の方々と
検討を重ねながら徐々にではありますが、
会員各位が安心のできるご修行環境を
目指して教会護持をさせて頂いております。

その中でも、皆さまがそれぞれの場で
工夫に工夫を重ねご法精進のご縁を結んで
下さっていることに深く感謝申し上げます。

ひとえに、開祖さま、会長先生のお徳と
先達の方々の導きによるところと存じます。

再開如何の進退も今後の我々一人ひとりの
行動によるところでありますので、
今月も会長先生のお心をしっかり
受け止めさせていただきたいと存じます。

さて、今月は『むだなものはない』
と題してご法話を頂戴しました。

前項の、『「仏に帰る」ための精進』にて、
《ある方から「仏になるためには、
どんな実践や工夫をすればいいのでしょうか」
と尋ねられたこと》
を発端に法華経の「如来寿量品」
を良く味わうと仏になるために
精進するわけではないようです。

というお話をお示し下さいました。

このお話を伺って、すべての努力精進は、
仏になるための修行というところばかりが、
色濃く私自身の目に映っていることに
気がつかせて頂きました。

ドキッとした思いもありながら、
大切なことを忘れていたことに
お詫びのこころでもありました。

仏になるために修行や工夫をするというよりも、
悟ったあとの精進をしている。

それでは、なぜ精進を続けているかといえば、
私たちがときどき自分の本質を
忘れてしまうからです。

と受け止め方もお教えくださいました。

そのことを踏まえ、もう一度自身を、
振り返ってみますと、
人間釈尊の説かれた教えである。

法華経前半部分の迹門での心もちのままで、
そこから脱却できていない自身の
到らなさに気づかせて頂いたのです。

すでに救われている命という本質の救いを
日ごろ教えて頂いていながらも、
どこかで見失っていることに気づかず
日々を過ごしていることが
往々にしてあることから、
ときどき自分の本質を忘れてしまう私に
思い出させるために様々な
出会いや出来事によって
「ほんとうの自分」に帰るための精進と
お教えくださったものと存じます。

更に、それこそが日常の信仰生活なのです。

と仰っていただいたことに、そうあっても
日ごろ苦しみや悩みの中に没入気味の
私たちの残念さを感じるところでもありました。

後項では『自分のことのように』において、
度脱(世の人々を迷いから救い出して
悟りの世界に入らせること)、

《迷いの世界から救うというと
難しい印象ですが、いつでも心から、
幸せだ、うれしい、楽しいと
いえる人間になるということです。

そのために、仏はさまざまなかたちで、
あるいはものごとをとおして、
私たちが迷いの世界から離れる
ヒントを与えてくれています。》

聖人や賢人の教えだけでなく、
いいことも悪いことも含めた
この世のあらゆるできごとが、
「ほんとうの自分」に帰って
幸せを味わうためのヒント、
縁になるということです。

これを万億(まんのく)の方便というのですが、
ここのところでは私たちに仏さまが
幸せに過ごしてほしいと願って下さっている
お心を感じずにはいられません。

私たちは、自身の身に
起こったことがらによって、
人の痛みが身にしみるように
理解できることもあれば、
他者の幸福のさまを目の当たりにすることで、
感動に震えることは、

《それは自分の仏性が現われているからでしょう。》

と自他一体の根本は、仏さまと
同じ尊い命を宿している私たち自身を
認めることにもなるのではないでしょうか。

最後に、もう一度周囲を見回してみると、
コロナ感染のリスクが高まっています。

豪雨災害による被害は全国どこでも
起こる可能性があります。

だれもが大小様々な苦労をなさっています。

このことを、
《私たちが、自分のこととして受けとめ、
学べば、この世にむだなものごとは何一つなく、
その一つ一つが「ほんとうの自分」、
すなわち仏に帰る縁となるのです。》

とお示し下さったことが
自他一体の心もちであり、
いつでも胸の奥にもって
精進して参りたいと存じます。

ここに到って、奈良教会の皆さんが
ご縁を学びとする精進のご様子の報告を、
更に多く聞かせて頂いております。

改めて工夫を繰り返しより良いご縁に
なろうと努力して下さっていることに
重ねて感謝申し上げます。

また、今月も元気に皆様と共
に努力精進させて頂きたいと存じます。

皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

合 掌
立正佼成会
奈良教会長 中村 浩士

 

★佼成8月号「会長法話」をご拝読ください。

【佼成8月号】

(朗読 MP3)

令和二年七月度 ご法話を学んで

2020.6.29

皆さま、日々ありがとうございます。
新型コロナウイルスの
緊急事態宣言解除からの
自粛要請も全国的に解除され、
移動制限も解除され県をまたいだ
移動も可能となり
観光地への国内移動の様子などの映像を
目にすることが多くなってまいりました。

それも、感染リスクを前提とした、
《新しい生活様式》の確立を
余儀なくされている中ですが、
奈良教会の会員各位におかれましては、
より良いご自身、より良いご家庭、
並びにより良い世界を目指して
努力精進して下さっていること
改めて感謝申し上げます。

現在、奈良教会では布教活動再開に向けて
五段階の目安をもって第二段階での
対応とさせて頂いております。

更に、七月一日を機に第三段階へ移行し
徐々に布教活動再開に向けて
進んでいく予定です。

ここに到るにあたっては
教会幹部並びに会員の皆様の
ご協力ご精進のおかげ様でありますが、
再開如何の進退も今後の
我々一人ひとりの行動に
よるところであることはご理解の通りです。

今月も会長先生のお心をしっかり
受け止めさせていただきたいと存じます。

さて、今月は『いま、自分にできることを』
と題してご法話を頂戴しました。

前項の、『菩薩として何を願い、誓うか』
では盂蘭盆会(うらぼんえ)の月である
七月にご家族がお集まりになり、
そろってお参りをすることは、
現状では難しいわけですが、
【仏心:一切衆生を救うの心】
私たち会員にとってこの、
仏心の発揮の機会を頂戴したものとも
受け止めることが
できるのではないでしょうか。

会長先生は
「いま世界中に広がっている病気によって
苦しむ人たちに心を寄せ、事態が早く
終息に向かうことを願うばかりです。

一人ひとりが、自分にできることは何かを考え、
それを日々、粛々と
実践していきたいと思います。」
とお示しいただきました。

そこで引き出して下さいました
《従地涌出品の一節に登場する
「地涌(じゆ)の菩薩」》
実践をとおして「すべての人を救おう」
という無数の菩薩たちの願いと誓いによる実践を
私たちに投げ掛けて下さっていることを踏まえ、
地涌の菩薩の代表である
四人の菩薩の願いと誓いである
《四弘誓願(しぐせいがん)》
を私たちの生活に実践できるように
禅宗の松原泰道師の表現をもって、
お教え下さいました。

①衆生無辺誓願度
・・・身近な人に奉仕(布施)をしよう。
②煩悩無数誓願断
・・・足もとのごみを一つ拾おう。
➂法門無尽誓願学
・・・一日に一つ、教えを学ぼう。
➃仏道無上誓願成
・・・永遠の路を一歩一歩ゆっくり歩もう。

以上の四つの誓願から、私たちの一人ひとりに対して、
誓願をもった日々の大切さを
改めて問うて下さったように存じます。

私の身に近いところから始めようという優しさと、
合わせて必ず実践するという決意を持つ
厳しさを自身に課して参りたいものです。

後項では『いまが「習学」のチャンス』において、
先にありました《四弘誓願を参考に、
自分にいま何ができるかを考える人は、
いうまでもなく仏の教えを信じ、
実践する志のある人であり、
それは仏と同じ心になっているということ》では、
「仏さまのようになりたい」
という気持ちを起こしたとき、
すでに仏の心と一つになっていると
お教え下さいました。

それを「一体不二」「凡聖不二」
という言葉と共に、そもそも私たちに
教えの尊さがわかる理由は、
「すべての人を救いたい」
という尊い願いがあるから、また、
人間として命をいただいたことは、
仏と同じものを具えているということ:
それを信じることが信仰であり、
信心であるとご指導いただきました。

日ごろ、私たちは信心を高めることを
第一義として修行精進させて頂いておりますが、
どうにかすると、だれかが何をした。

何がどうなった。など事柄に振り回され、
自身を見つめることは、
後回しにしていることが多くあり、
場合によっては、
自身の高まりを気にすることもなく、
人を変えることばかりが
目的になっていることがあります。

それについて、会長先生より「いままさに、
自分の信仰のありようを振り返り、
日々の実践という「習学」の
繰り返しをとおして、
菩薩の自覚を高める
いい機会なのかもしれません。」

とのお心を学び、周りを見回してみますと、
自粛というどちらかと言えばマイナスのように
聞こえる状況でも、コロナ禍前の雑多な日々に
流されがちな時間ではなく、
仏さまと私という心安らかでゆっくりとした
貴重な時間であることに気がつきました。

そのように感じると、自粛によって
しばらくお目にかかれていない方々との
再会が楽しみとなります。

皆さまが、この期間に
どのような努力精進をされたのか。

また、どのような喜びや悲しみを
感じられていたのか。

更には、仏さまの智慧と慈悲を感じるような
貴重な体験をされたのか。

というたくさんのお宝に出会えることが
布教活動再開後に待っていると思うと
心待ちでなりません。

最後に、「またお目にかかりたい」と
思わせられる方とは、
「神仏などを尊び敬う心が強く、
一方では苦しみや悲しみの底に沈む人を
常に思いやる、情愛あふれるという点」
をお示し下さいました。

それを私は、何事も謙虚に受けとめ、
頭に浮かんだ方にこちらから
お声がけしてみようと、
受け止めさせて頂きました。

その実践を繰り返すことから、
いつもこのような自分であるか?

また、なろうと努力しているか?
を再度、自身に問いかけつつ
精進して参りたいものです。

ご法話を学ばせていただき、
この先すべてにおいて
コロナ禍前の状態に戻るということは、
時を巻き戻すことが出来ないのと同様に
難しいことは皆さまもご理解の事と存じます。

しかし、コロナ禍の体験も、
法華経に教えられている柔軟さと創造性の
発揮を求められているものと考えますと、
会員の皆様がこれまでに積み上げられた
教えの発揮のチャンスであると
受けとめることができます。

改めて因習にとらわれず変化に
対応していく意識をもって、
新たな自分づくりを元気に皆様と共に
努力精進させて頂きたいと存じます。

皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

合 掌
立正佼成会
奈良教会長 中村 浩士

 

★佼成7月号「会長法話」をご拝読ください。

【佼成7月号】

(朗読 MP3)

令和二年六月度 ご法話を学んで

2020.5.31

令和二年六月度 ご法話を学んで

皆さま、日々ありがとうございます。

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が
奈良県は5月15日より解除され、
続いて大阪府、京都府、兵庫県の2府1県も
解除され、近畿全体の解除となりました。

しかし、一部の自粛は継続されており、
感染の不安は払拭されていないことは
周知のとおりです。

奈良県の(5/15付)感染者を
分析した発表によると、
今後注意する参考にもなるかと
思いますので引用させて頂きますが

【①感染経路は大阪関連のものが多い
②家族感染が多い
➂会食や集会での感染が全体の1割程度
④外国での感染、外国からの訪問者から
感染したものが全感染の1割程度】
でした。

以上の4点について特に注意し引き続き、
3密(「密閉」「密集」「密接」)状態を作らず、
不要不急の移動を避けること、
感染の拡大防止を自身の生活に取り入れて
いくことが、すべての命を守る行動指針として、
我々一人ひとりに求められていることからも、
会長先生のお心をしっかり受け止めさせて
いただきたいと存じます。

さて、今月は『怠け心に負けない』
と題してご法話を頂戴しました。

前項の、『精進が大事と知りながら』では
昔の流行歌《わかっちゃいるけど、やめられねぇ》
の1節を私たちの心のはたらきをみごとに
あらわしたものとしてお示しくださいました。

先日来の自粛の日々の中でも、
ある店舗について開店しているから来てしまう
というインタビューの様子がニュースに
ほぼ毎日取り上げられていたところは
皆さんも目にされたことでしょう。

当然賛否はあるのですが、
ニュースに取り上げられている方だけに
視点は行きがちですが、私たちにも大なり小なり
《わかっちゃいるけど、やめられねぇ》
と諦めかけていることがあるように感じます。

仏教では「常精進(じょうしょうじん)」
が大事と教えているわけですが、
常に学び、身を修める努力を続ける
大切さとして説かれていることは、
多くの方に理解されているものです。

しかし、前述のように、やろうと
決めたことでも怠ったり、しないと決めた
ことでもついしてしまったりと
反省することがあるわけです。

そこで、法華経の「安楽行品」の1節を引いて
誰もが抱く、サボりたいとか飽きたという
気持ちを釈尊もよく理解されていたとして

「心の内から湧いてくるさまざまな誘惑や
迷いをふり払い、安らかな心で、みずから
ねがって、喜びのうちに精進できるように」

と私たちに説いてくださっていることを
お示しくださいました。

後項では『待っている人がいる』で、
孔子の言葉を引用くださり、子どもが大人を見て
「あのようになりたい」と思い、
その真似を繰り返すように、
目標をもって学び習うときは、
楽しくて仕方がなくなる様を、信仰の世界も同じく、
日々の目標や信仰の目的が自覚できれば、
あとはその思い(心)を貫くための
精進を繰り返す(習う)だけで、
それが習慣となって身につくことが
喜びとなり更に増すこと

「自分がなぜ信仰をしているのか、
なんのために日々精進するのか、
という目標や目的をつかむことが、喜びの
うちに精進する基本となるでしょう。」
とお教え下さいました。

努力や精進という言葉を伺うと思いだすのが、
皆さんもよく耳にされた
(ウサギとカメ)のお話しです。

諸説ありますが、ウサギとカメそれぞれの視点を
油断と努力として比較されることがあります。

うさぎはかめを見て競争しており、
カメはゴールを見て競争していたので、
結果はご存知の通り、カメが勝ったのだという
教訓のお話しです。

しかし、今月の会長先生のお心を学んで、
カメとして諦めずに少しでも前進しようする心と、
ウサギのように自力を過信し少しならと
休む怠け心も、どちらも私の中に存在する心を
気がつかせていただきました。

目標、目的をもった常精進できることの素晴らしさと、
やらねばならないという無理は禁物というご指導は、
どちらか一方だけが良いということではなく、
なんのために行うのかという信仰の根本を
お教え下さったのだと思います。

それを、『人を思う気持ちが盛んなときは、
飽きたり怠けたりする心が生まれないというのです。

どれほど疲れていても、わが子のために労を惜しまない
母親の姿が思い起こされますが、それはつまり、

「自分を待っていてくれる人がいる」と思うとき、
人は自己中心の思いから離れ、
その人の役に立ちたいという願いが湧いてきて、
精進の一つ一つが喜びに変わるということでしょう。』

お示し下さいました。よく先輩から、
(私でなければ救えない人が私を待ってくれている。)
と布教に歩く心構えをいただきました。

歩けば必ず私を必要としてくださる方とのご縁が有り、
些少でもお役に立てた実感が
私を育てて下さっていると思います。

だれかに指示されたわけでもなく、
強制されたことでもないわけです。

私の中から湧き起った
人の役に立てることの幸せをかみしめて、
「あなたを待っている人はいませんか。」
と投げ掛けていただいたことにお答えができるよう
皆さまとともに精進させていただきたいと存じます。

最後に、5月の青年の日は、
このコロナ禍にありながらも、
どのようにご縁を結ぶかという課題に
取り組んだ月でもありました。

青年のみならず教会幹部をはじめ会員の
皆さまの即是道場の修行を学ばせて頂き、
直接会うことを控える中でも工夫次第では
様々なご縁を結ぶことができる確信を得ました。

重ねになりますが、
~私を待ってくれている人との出会い~
を自らねがって、元気に努力
精進させて頂きたいと存じます。

皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

合 掌
立正佼成会
奈良教会長 中村 浩士

 

★佼成6月号「会長法話」をご拝読ください。

【佼成6月号】

(朗読 MP3)

令和二年五月度 ご法話を学んで

2020.5.1

皆さま、日々ありがとうございます。
新型コロナウイルスの対応にそれぞれの
置かれた場所でご努力、ご精進
いただいていること感謝申し上げます。

4月16日に全都道府県に対し緊急事態宣言、
更に緊急事態措置の要請を受けて、
ご本部から【第5報】の通知があり、
全教会を完全閉鎖体制に
移行することとなりました。

ゴールデンウイークを目前に見据えつつ、
3密(「密閉」「密集」「密接」)状態を作らず、
不要不急の移動を避けることが、
感染による拡大防止と命を守る行動指針として、
我々一人ひとりに投げ掛けられています。

しかし、外出をしないことで
自身の動きが小さくなると、
相まって思考や視野が段々と
狭まってしまうように感じられます。

そんな時だからこそ、
今月の会長先生のお心を
しっかり受け止めさせて
いただくことが肝要だと存じます。

さて、今月は
『悠々として、心安らかに』
と題してご法話を頂戴しました。

前項は、「妙好人・石見の善太郎」
のお話をもとに、
私たち自身にどのように対処するかを
問うてくださいました。

妙好人
(白蓮華にたとえられるほど
清らな人柄の、信心深い念仏者のこと)
と称えられたこの方は、
若いころは素行が悪く
周りの人々からも疎まれていたようですが、
信仰に目覚め石見の善太郎さんと
敬愛されるようになったのでした。

このお話は、ご法話をご拝読ください。

【佼成5月号】  『朗読版』

ある日、訪ねてきた信仰仲間に
着物どろぼうと激しく罵られる
事態になっても、
お詫びし更に代金と共に
仏壇に供えられていた草餅を
土産として持たせた。

家に帰った信仰仲間がみんなで
草餅を食べようとしたとき、
その家で働く娘が
着物は自分が盗んだと
罪を打ち明けた、というお話でした。

私たちに対して、
同じ立場におかれたら、
この事態をどのように受けとめ、
対処するでしょうか?
と投げ掛けていただきました。

私は、先ずは身に覚えが
ないわけですから否定をし、
十中八九弁明をすることや
他に該当する人がいるはずだと、
身より遠ざける行動をとると思います。

さて、皆さんはいかがでしょうか?

後項は「楽しく仏道を歩む」
として、先のお話しから、

【やみくもに人を非難したり、
人の話も聞かずに自己主張したりする人には、
できれば会いたくありません。
まして、どろぼう扱いされたりすれば、
冷静に受けとめられないのがふつうです。】

とふつうの自分に安堵するところですが、
我々信仰者としては如何なものでしょうか。

善太郎さんの対応には感心もしますが、
私たちはどちらの自分でありたいと
願っているのかが、
キーポイントのように感じます。

それを、会長先生は、

【「阿弥陀さまにすべてをおまかせしている」
という善太郎さんの絶対的な「信」
によるものではないかと思います。】

とお示し下さいました。

やましいことは何もない。
仏さまはすべてご照覧なのだ。
という【悠々として安らかな気持ち】
だから 先のように受けとめることが
できたのではないでしょうか。

私たちは、いつもこの心もちを目指して
日々精進させて頂いているのでしょう。

ふつうの心もちで安堵してしまうことに
危機感をもちました。

この世は持ちつ持たれつの
関係性を理解していれば、
相手をやり込めて満足することは
一時の充足感を享受している
だけかもしれません。

今月は法華経の「勧持品」の一節
「我身命を愛せず、但無上道を惜む
(われしんみょうをあいせず、
ただむじょうどうをおしむ)」

この一節は信仰者の強い意志を
示すというだけではなく、

【いま、この地球に生まれて
生きている奇跡に気がつけば、
「自分さえよければいい」と
自己に執着している場合ではない、
生かし生かされあう縁(えにし)に
感謝することが大事なのだ、
という意味にも受けとれます。】

どこまでいっても感謝を忘れない
日々が大切だということです。

そのような、

【感謝に目覚めたら
一人でも多くの人と
感謝の気持ちを共有しようと、
法華経の教えによって感謝に目覚めた
私たちであれば、教えを伝え、
生きる喜びと感謝をともどもに味わおうと、
一歩を踏みだすことです。】

ここは法華経の教えを基として
生きる者としての意味をお示し下さいました。

ふつうではいられない私たちの生き方は
どうかと内省と懺悔の気持ちです。

最後に、この一歩を踏みだすことは、

【相手を変えようとか、
説き伏せようとするものではなく、
喜びをもって仏の教えを実践し、
人びとと心楽しくふれあうなかで、
いま命あることの有り難さに
目覚めてくれる人がいればそれでいい】

と悠々として、心安らかに生きる
信仰者の神髄を妙好人に見たと
締めくくりいただきました。

現在も、コロナウイルス終息を願いながら、
自分のなすべきことを
先ず私から実践していこうと、
皆さんと心合わせているところです。

とにかく、3密を作らない、
手洗い、うがい、マスク着用などの
自身ができること、するべきことを
しっかりすることが、
やましいことはないという
妙好人の心のもち方ではないでしょうか。

直接会えないからこそ、
会えていたことに感謝できます。

それでも、私たちには、
電話やメール、SNSなど工夫すれば、
直接会っていたこと以上に
感謝の出会いができるのだと思います。

私も、教会役員さんや
青年各部長さん方と遅まきながら
SNSを介してつながりを持たせていただく
お手配をいただきました。

これを機縁にいろいろな情報が
共有されていくことを期待しております。

皆さまも、未だ終息の先は見えませんが、
心ひとつに合わせて【即是道場の精神】で
この状況を乗り越えて参りたいと存じます。

合 掌

立正佼成会
奈良教会長 中村 浩士

令和二年四月度 ご法話を学んで

2020.4.1

皆さま、日々ありがとうございます。

未だ収束が見えない状況下にあって、
アジアのみならず
世界規模の感染拡大している
新型コロナウィルスですが、
自粛や、中止、延期などの
対応だけではなく、その内容が
大切になってきているように感じます。

何度も伝えられる推奨の対応は
マスク使用、手洗い、うがい、
咳エチケットなどの徹底ですが、
まだまだなされていないところは
反省をしつつ 改めて実行の徹底を
しているところです。

四月は仏教三大行事の一つである
降誕会(ごうたんえ)の月でもあります。

お釈迦さまの生誕をお祝いしつつ
自身のいのちの尊さを省みる
意義ある月でもあると存じます。

会長先生のおこころでもある、

「感染拡大を避けることを
最優先とさせていただきます。
『法華経によって人を救い、世を立て直す』
という創立の精神をかみしめ、
教会長を中心に、一人ひとりが工夫して
布教してまいりたいと存じます。」

という方向性に沿って、
引き続き進めたいものと
考えております。

 

さて、今月は
『偏った見方を越える』と題して、
学ばせて頂きたいと存じます。

前項の『「自分は正しい」という偏り』では、

【自分の感情や都合を大事にする
そういう見方や受けとり方を、
私たちは多かれ少なかれ
していると思います。
これは、いうまでもなく
自己中心の狭い見方です。】

更に、この見方が高ずると

【とらわれや偏見が強くなって、
ものごとを正しく見る目が
さらに曇ります。】

と教えて頂きました。

そこで、法華経の提婆達多品の一節である

『等正覚を成じて広く衆生を度すること、
皆提婆達多が善知識によるが故なり』

をお示しいただき、これは私たちが、
偏った見方から大きな見方へと
心を切り替える、スイッチのような
役割をもつ一節ということを、
私自身が受け止めさせて頂くに、

どんな事象が目の前に顕われたとしても、
先ずは私にとって必要な出来事である
という価値観で捉えてみることが
先決なのではないかと
受け止めさせて頂きました。

後項にある『仏性をひたすらに信じる』では、

【深い闇の底にあった地平線が
白みはじめるころ、
明けの明星(あけのみょうじょう)の
輝きを受けて、
釈尊は悟りを得られたといわれます。】

には、宇宙的視座で見た、
または明星の輝きが仏性の輝きと重なった、
という可能性を感じながらも、
ともかく見えている世界の有り様が
全く違う見え方となること
を示していただけているものと存じます。

そのくだりを、

【「みんな仏性」という見方に立てば、
偏った見方で人を傷つけたり
争ったりすることはありません。】

というお言葉が、
偏りのない私づくりへの道筋として、
明らかになった思いです。

更に、大切な確認をいただきました。
先生も誤解されやすいと仰ったところですが、

【仏性を信じるというのは、
相手のいいところを
見ることではありません。
相手を、まるごと仏性として
拝むことです。】

と言及なされたことは、
私自身の内省を促してくださいました。
良いところ探しだけで、
あたかも仏性礼拝を解ったかのように
思い違いをしていたのではと
今一度振り返る機会でもあるように感じま

自身の価値観を一度降ろしてみるということを

【すべての仏性をひたすらに信じるなかで、
私たちは矛盾と葛藤とも向きあい、
人として成長していくのだと思います。】

として、中々見ることが
難しい見方ではありますが、
しかし、見てみたいという希望を
持ち続けることができているとすれば、
とりわけ有り難いことではないかと存じます。

その事に4月の降誕会(ごうたんえ)
の機会には、
お釈迦さまがお生まれになった姿である、
誕生仏に接して

【純真無垢な心を取り戻し、
自他の仏性を深くかみしめる】

自身の中の希望、可能性を
信じてみたいと決意しているところです。

最後に、東京オリンピック2020の
延期がなされるようですが、
この一連のコロナ対策のことからも、
私たちの本質は世界規模で繋がっており、
自分のことだけに終始するのではなく、
生きとし生けるものすべて、
周りのひとの幸せを願い、
こういう時だからこそ
心を一つにして丁寧に
取り組んで参りたいものです。

その心もちが、年頭のご指導でもある
「即是道場の精神」の発揮であると存じます。

今月も、皆さんと共に修行精進の道を
歩ませて頂きたいと存じます。

合掌

立正佼成会 奈良教会長  中村 浩士

 

『佼成』四月号

1 2 3 4 5 6 11