立正佼成会 奈良教会 > 万陽だより

万陽だより

信仰と自然と人間味にあふれた奈良の地で、元気に活動に励んでいる会員の皆さんの、さまざまな活動の様子や、日々の感動をお伝えしていきます。

活動紹介

教会の行事や、青年部、婦人部、壮年部等の各活動、支部でのふれあいや地域との交流などを紹介します。

感謝のバトン

日々の活動のなかで感じた気づき、ふれあいを通していただけた喜びの一端をご紹介します。

平成27年9月行事報告 o(^▽^)o☆彡

2015.9.4

奈良の風景 ~ 撮影者 :中和支部 S ↓クリックしてご覧ください!

   

西大和支部集い(2015/09/21)

   

奈良支部の集い(2014/09/13)
  

感想
教会長さんの体験説法のかみしめが
初めて来られた方にもわかりやすかったです。(D)

(他の感想を読む)http://rkk.sblo.jp/article/165135693.html

吉野支部の集い (2015/09/12)
 

参加者のコメント

親元離れ、一人暮らしをしています。
料理、洗濯も毎日。
今日は、自分の物の見方はどうか、
自分に照らし合わせて
考える事ができました。
身近な人に感謝の気持ちを
忘れずにいたいです。(大学生 S)

(他の感想を読む)http://rkk.sblo.jp/article/163715034.html

第12回奈良県宗教者フォーラム(2015/9/11)

  

奈良県天理教本部で第12回奈良県宗教者フォーラムが行われました。
陽気ホールで、天理大学 岡田教授、浄土宗如来寺 釈住職にご講演頂きました。

 

敬老会(2015/09/10)挨拶 

皆さん、お願いします。
本日は、脇祖さまのご命日の日、
挨拶のお役を頂きありがとうございます。
敬老会をして頂き、
良い時に老いた事に感謝します。(K)

(続きを読む) http://rkk.sblo.jp/article/163716556.html

第4回こども仏教塾  吐山野外活動センター(2015/9/5)

   
「野外活動のお礼と報告」

長雨が続く中、その日だけは
晴天に恵まれて気候もちょうどよく、
ケガや急病もなく、無事に活動させて頂けました。

子どもたちは、一人一人が
積極的に仕事を役割分担し、
頑張ってやり遂げてくれました。
また、自分の意見もしっかり
言っている姿に成長を感じ、
嬉しく思わせて頂きました。
現地のセンター長さんにも
褒めて頂き嬉しかったです!

そして、子どもたちが
一段と仲良くなったようで、
とても微笑ましかったです!

「子どもたちの個性を生かすには、
手を出さずに見守っておくこと。」

その大事さと難しさも感じさせて頂けた
1日でもあったように思います。
ありがとうございました。(少年部長)

奈良教会少年部

 

大聖堂建立50周年記念 絵画    Mさん   Sさん

   

 

 

平成27年8月行事 報告 o(^▽^)o

2015.8.18


青少年育成研究会(2015/8/23)

  

~立正佼成会100周年に向けて~「私の願い・私の約束」

今の若い人達が気軽に立ち寄れ、身近に
感じられる温かい教会を願っています。
少年部のお役を通して、横のつながりを大切にし、
温かい触れあいで若い人達が教会に居場所を
感じられるようお役にたちます。

私が学生部女子部時代は教会に行くのが楽しくて
学校に行くのと同じ位に身近なものでした。
教会に行けば温かく迎え入れてくれる人達がいる…
その思いが支えとなり前向きにもなれ、
そして今の私があるように感じます。

まだまだ教えて頂く事ばかりの私ですが、
お役を通して私の支えとなった温かい触れ合いを、
今の子ども達につなげていけたらと今回の
青少年育成研究会で強く思わせて頂きました。
有難うございました。  (I少年部長)

若手とうちゃんの村(2015/8/22-23)

  

参加者感想

「全部がとっても楽しかった。
また来年もお泊まり会してほしいです。」(娘)

「皆さんで協力し合って作り上げていた所が良かったです。
早起きが辛かったですが、また機会があれば参加させて頂きます。」(父)

お世話になりました(留守番の母)

 

中和支部大会(2015/8/2)

  

「体験説法」

皆さまお願い致します。
私たち夫婦は2006年 10月1日
当時の荒川教会長さんのご厚意と
教会サンガの皆さまのまごころにより、
この奈良教会で結婚式と披露宴をさせて頂きました。
2006年は開祖さま生誕100年の年であり、
また、第八回世界宗教者平和会議世界大会が
京都で行われた年でありました。
そのようなありがたい年に結婚させて頂き、
夫婦で人さまのお役に立てるように頑張ろう、
そして頂いたことをちゃんと返していこう
という気持ちでいっぱいでした。(K夫妻)
(全文を読む)      Word版

戦争犠牲者慰霊/平和祈願の日の集い (2015/08/09)

    
☆壮年・体験説法☆

「追善供養をされてはいかがですか?」
と、堤教務員さんからご提案頂きました。

(中略)

そうすると、不思議なお手配を頂きました。
地域情報誌から声がかかり、
寿司の特集の記事に掲載されたのです。
おかげさまで、反響があり、
多くのお客さまにご来店頂き
経営者の喜びを味わわせて頂くことができました。

(全文を読む)     Word版

 

壮年部本部団参

  

「壮年部本部団参に参加して」

教会にはいつも、妻について行くだけでしたが、
今回は家族と離れて、佼成会の教えに触れる
機会だと思い参加させていただきました。
ご法話の中で難が有るから有難いということが
一番印象に残っています。
難なく無難に生きることが
幸せだと思っていましたが、
今までの難があったからこそ、
今の幸せがあるんだなぁと感じました。

今回、部長さんに、何度も声をかけて頂き、
最後まで行かせて頂くか迷いましたが、
若手壮年の仲間とも接することができて、
行かせて頂いて本当によかったと思いました。
ありがとうございました。(I)

 

「慈悲の心」

「慈悲の心で接して頂くと
有り難いことが、見えてきて
仏さまを感じますよ。」

と、法座で、堤教務員さんに教えて頂き、
今までの自分のお手どりを振り返りました。

地区のAさんは、家計で苦労されていて
私は、いつも
「かわいそうに」
という気持ちでお手どりしていました。
しかし、そのような煩悩の心で接していると
「なんで、お掃除もできないの?」
とか、ついつい、愚痴や、不満の心が
でてきてしまっていました。

堤教務員さんのおっしゃる
慈悲の心で接するというのは、
Aさんのことを、
「かわいそうに」
と思うのではなくて
「たいへんな中、とても努力されている。」
という、見方です。
そのような慈悲の心で、接すると
Aさんの良いところが、たくさん
見つけ出せるようになりました。

Aさんが少しでも心が安らぎ、
うれしい心になってくださるよう
その、良いところを言葉にして
伝えさせて頂く努力をしています。

慈悲の心で、接しようと心がけていても
どうしても、煩悩の心になってしまう時もあります。
その都度、気づいた時に、心のスイッチを
入れなおしていきたいと思っています。ありがとうございました。(M)

開祖さまご命日 喜びの発表(2015/8/4)

七月三十一日に、娘の家で額装ご本尊の
安置式をさせていただきました。
長い間、しまっていたご本尊さまを、
安置させて頂くことになり、また
娘が、一生懸命、お経をあげてくれる姿に
七月に十三回忌を迎えた父親も、
喜んでいるだろうなぁと思い
うれしくて感激しました。

「いろいろ考えると夜も寝られない日々もある。」
と、法座で娘から聞かされました。
娘は日頃、あまり言わないのですが、これからは
心が軽くなるよう縁になっていこうと思いました。
そして、家族、皆が手を合わせ、
ご供養をさせていただきます。
本当にありがとうございました。(H)

奈良の風景 ~ 撮影者 :中和支部 S ↓クリックしてご覧ください!


   

平成27年7月行事 報告 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

2015.7.12

続きを読む

平成27年6月度行事報告

2015.6.15

続きを読む

近畿支教区第9回カンボジア平和使節団 参加感想

2015.6.9

続きを読む

平成27年5月行事 報告 o(^▽^)o

2015.5.15

続きを読む

平成27年4月行事 報告 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

2015.4.9

誕生初参り(2015/04)I家
  

お知らせ

2015.3.15

奈良教会

奈良教会 青年部

★立正佼成会ウエブサイト★

★パンフレット

立正佼成会近畿ブロック

 

続きを読む

平成27年3月行事報告 o(^▽^)o☆彡

2015.3.6

 

続きを読む

平成27年2月行事報告 o(^▽^)o☆彡

2015.2.18

続きを読む