立正佼成会は法華三部経を所依の経典とする在家仏教教団です。
奈良県を包括地域とする奈良教会では、天地自然を敬い、神仏を尊び、人の和を貴ぶ古都奈良の地において、地域との交流を大切にしながら、明るく、あたたかく、やさしい人間になることを目指し、日々信仰活動に励んでいます。
そして奈良教会は、地域に根ざす諸宗教との対話を重視した宗教協力や「一食を捧げる運動」を中心とする平和活動にも取り組んでいます。

会員活動紹介 万葉だより

一覧

お知らせ

第13回奈良県宗教者フォーラムを開催します。

13680835_655935007894828_5918843599699403082_n 13754153_655934921228170_620360488222576975_n

第13回奈良県宗教者フォーラム
〈テーマ〉日本のこころと宗教の役割 -聖徳太子のこころ-
平成28年9月25日(日)〈於〉法隆寺 聖徳会館
12:00~ 受付開始
12:30~ 平和祈願祭
12:45~ 公開講座


★平和祈願祭と公開講座は、聖徳会館内でありますので、
平和祈願祭からお入りください。


★募集要項☆
参加費:お一人1000円(一般参加者)
住所、氏名、電話番号明記の上、往復はがきで、下記事務局にお申し込みください。(8月25日(木)必着)
申し込み先:奈良県宗教者フォーラム事務局
〒634-0007 奈良県橿原市葛本町805 立正佼成会 奈良教会

日本文化の基層をなす「共生」や「和」の精神が育まれた奈良の地。
対立ではなく、多様性を尊重する『信仰聖地』として、アジア、
そして世界へ平和の光を発信することを願います。

第13回奈良県宗教者フォーラム 実行委員
法隆寺・石上神宮・唐招提寺・金峯山寺・興福寺・橿原神宮・
春日大社・天理教・廣瀬神社・東大寺・薬師寺・立正佼成会奈良

〈主催〉奈良県宗教者フォーラム実行委員会
〈後援〉奈良県 / 斑鳩町

続きを読む

平成28年9月行事 報告 \(^o^)/


「交流布教*感想」(2016/9/4)

今日、初めて交流布教に、吉野支部の O主任さんと歩かせて頂きました。
一軒、一軒、お尋ねして、O主任さんがお話してさせて頂くと、皆さん、こころよく『佼成』を受け取ってくださいました。

最後の一軒の方は、今までは、「本は要らないです。」と断られていたそうですが、今回は受け取ってくださいました。最近、息子さんのお嫁さんが重い病気を患われたとのこと。それで、本を受け取ろうという気持ちになられたのかなと思わせて頂きました。

私にも苦があるから、立正佼成会に入らせて頂いたのですが、O主任さんは、
「何も苦はなかったけど、立正佼成会の素晴らしさに感動して入った。」
とおっしゃいました。
「私とは全然ちがう!!そういうので入ってくる人もいるんだ!」
と感動しました。
これから私も精進させていただきます。どうかよろしくお願いします。(N)

* 教会長よりかみしめ*

ふだんは本を受け取ってくれない方が、O主任さんのご縁で受け取ってくださったんですね。何かしゃべりましたか?
「いいえ」(N)
もったいないね。その方の苦は、お嫁さんのご病気でしょう?

「私も、苦をかかえています。苦があるから毎日、佼成会に通って、人さまの悩み苦しみを学ばせていただいています。今日も学びになりました。
苦は苦のままなんですが、ありがたいのは、物の見方、考え方が、かわるんです。」

と、次はお伝えさせて頂きましょうね。

 

朔日参り(2016/9/1)

unnamed

時務グループ 橋本次長 よりご講話を頂きました。

■9月会長先生ご法話『老いの輝き』輪読■
会長先生のご法話をそのまま受け取るのも大事ですが、
先生が私たちに何を問うているのかというのはやはり、
引用文献を見ることによって、
ご法話がより身近なものになってくるのではないでしょうか。
佼成9月号の引用文献をご紹介させて頂きます。

p15 6行目 「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 涼しかりけり」
★引用文献★『道元が叱る』菅沼晃著 (佼成出版社)
~自然が真実(仏性)のあらわれであることを明らかにしている~
p5 5行目 「生くることやうやく多の楽し老の春」
★引用文献★句集『身辺往来』富安風生 著
p15 12行目「心田を耕す犂となり、鍬となっていることを忘れてはならない」
★引用文献★『ブッダのことば』中村元著(岩波文庫)
p15 13行目「自分が生きていることがそのまま布施になるような人生を送りたい」
★引用文献★『瀉瓶無遺』① 庭野日敬著(佼成出版社)
p16 3行目 「学問や芸術や信仰に情熱を抱きつづけることが不老の秘訣」
★引用文献★『活学一日一語 』安岡正篤著(致知出版社)

最後に会長先生は、道場で見られる光り輝く高齢者は、
若い世代の方々の目標となりましょうと、結んでおられます。

■心理プロセスモデル アンケート結果(5/1)の報告■
○心理プロセスモデルとは、、
私たちの心がわかっちゃいるけどできないといったときに、
その中の構造を明らかにしようというものです。
○心理プロセスモデル開発者
小池俊雄先生 東京大学大学院教授
三阪和弘先生 グリーンブルー株式会社取締役
○奈良教会の心理プロセスモデル アンケート結果
奈良教会の信仰は、僧伽の魅力から始まる。そして、救済時の喜び→
信仰の素晴らしさの発見→仏の存在観→家族の幸福感→思いやりの実践
最後に布教行動意識に行くということがわかりました。

★奈良教会の 因子得点が非常に高い質問は?
◎家族の幸福感  家族がそろうと、喜びを感じる。
◎仏の存在感   ご供養することで、先祖につながると思う
★布教行動意識を高める質問は?
◎仏の存在感 ご供養を通じて 神仏との”つながり”を感じる。
◎サンガの魅力 サンガの仲間は、私を励ましてくれていると感じる。
この二つの質問に対して、イエスといえる人が多くなれば、布教行動意識が高まる。
*まとめ*奈良教会はご先祖様、家族を大事にしている教会ですが、
その先に神仏とつながっている。サンガの仲間は私を励ましてくれていると感じる。
ということまでいけばバッチリなんです。ということが、この前のアンケートの結果です。

平成28年8月行事 報告 \(^o^)/

(2016/08/02)

いかるが連絡所 いかるがカフェルームで
西大和婦人部・少年部の集いが行われました。
① ランチタイム★お好み焼き
② 紙粘土で作品づくり
③ おやつタイム★かき氷
子どもたちは「とても楽しかった!」とのこと。
出来上がった作品を大事に持ち帰っていきました。

bb   bbbbbbb   b

(2016/8/20)

西大和支部連絡所で いかるがカフェルーム☆イベント第二弾☆トールペイント教室がありました。小学生2名を含む11名が、メガネケースやキーフックプレートにチューリップなど花の絵を描きました。

d  dd

(2016/8/10~8/17)

国際伝道支援プログラムで、奈良教会の青年女子部員2名が、タイ・バンコクに訪れました。

cccc cccccc ccccc

(2016/7/24)

大阪普門館で近畿支教区 少年少女フェスティバルが開催されました。
陀羅尼のご供養、舞台発表、○×クイズ、劇団わらび座の観劇と楽しい一日でした。

奈良教会からは、バンビーdoシンフォニーの演奏、少年部合唱を発表させていただきました。
少ない練習にも関わらず、堂々と 最後まで歌い切ってくれた姿が
たいへん素晴らしく、感動を頂きました。

今回、責任者のお役をさせていただきましたが、教会長さんへ、お通しをすることで、
今まで苦手だった ’”自分の気持ちを出すこと” ができるようになってきました。
本当にたくさんの功徳を頂きました。ありがとうございました。(O少年部長)

aaa aaaa aa

平成28年7月行事報告 o(^▽^)o☆彡

歩こう会、久米寺~新沢千塚古墳

歩こう会、久米寺~新沢千塚古墳1 歩こう会、久米寺~新沢千塚古墳2 歩こう会、久米寺~新沢千塚古墳3

奈良の風景 (Sさん)

島岡さん1 島岡さん2 島岡さん3

「壮年の集い」

「壮年の集い」1 「壮年の集い」2 「壮年の集い」3

7月10日(日)盂蘭盆会

7月10日(日)盂蘭盆会1 7月10日(日)盂蘭盆会2 7月10日(日)盂蘭盆会3

2016724 少年少女フェスティバル2016

2016724 少年少女フェスティバル2016 1 2016724 少年少女フェスティバル2016 2 2016724 少年少女フェスティバル2016 3

橿原神宮参拝

橿原神宮1 橿原神宮2 橿原神宮3

成竣クラブさんの料理教室

成竣クラブさんの料理教室1 成竣クラブさんの料理教室2 成竣クラブさんの料理教室3

同業教育

第四回 同行教育1 第四回 同行教育2 第四回 同行教育3

唐招提寺の開山忌舎利会

唐招提寺の開山忌舎利会1 唐招提寺の開山忌舎利会2 唐招提寺の開山忌舎利会3

 

平成28年6月行事報告 o(^▽^)o☆彡

いかるが連絡所 遷座式(2016/6/4)

06041 06042

西大和支部の連絡所が、王寺から、斑鳩に引っ越しました。
最寄り駅はJR法隆寺駅で、駐車場完備しています。


婦人部同行教育(第3回)(2016/6/2)

06021 06022 06023

婦人部同行教育(第3回)が行われました。
午前中は、近畿支教区 田中教務員さんの研修を受け
午後は現地に布教に出かけました。多くの気づきと学びを
頂き、おかげさまで奈良教会はとても活気づいています。


                           ☆彡
婦人部員○○さんの★同行教育を受けての実践シート★より

①研修を通して感じたことや、相手とのふれあいから学んだこと。
  自分が人と出合うときのクセを知ることができました。
  私は何事にも一生懸命取り組むし、自分の主張はしますが、
  人の話を聞いていないんだなぁと、感じさせて頂きました。

②目標(次回の教育までに取り組もうと思うこと)
 (家庭)
   家族の話、気持ちをしっかり聞かせて頂く。
 (お供修行)
   相手の心によりそって、話を聞かせて頂く。

③取り組みを通して気づいたこと。
 (家庭)
   子どもの話を耳では聞いているけど、
   心はそちらに向いていないと思わせて頂きました。
 (お供修行)
   主任さんは、会員さんのお話をじっくりと聞き、
   あらゆる出来事をすべて感謝に受け取らせて頂く
   ふれ合いをされていました。