立正佼成会は法華三部経を所依の経典とする在家仏教教団です。
奈良県を包括地域とする奈良教会では、天地自然を敬い、神仏を尊び、人の和を貴ぶ古都奈良の地において、地域との交流を大切にしながら、明るく、あたたかく、やさしい人間になることを目指し、日々信仰活動に励んでいます。
そして奈良教会は、地域に根ざす諸宗教との対話を重視した宗教協力や「一食を捧げる運動」を中心とする平和活動にも取り組んでいます。

会員活動紹介 万葉だより

一覧

平成31年3月行事報告 o(^▽^)o☆彡

歩こう会(2019/3/18)
  
   
若草山を歩きました。


 

交流布教(2019/3/10)
  
交流布教では、「手どる側の喜び」を
一人でも多く知ってもらいたいという思いを持っていました。
誰かの人生に真剣に寄り添うことが、
自分の人生を豊かにすると信じています。

Rくんは、Nさんとの触れ合いの中で、
Nさんがどう孫と触れ合えばいいか悩んでいる姿を見て、
真摯に向き合っていました。
彼に手どりをして何を感じたかを問うてみると、
「幸せそうに見えた」と言ってくれました。
僕はそんな彼に、どんな人からも学ぶことが
あるんだよと伝えさせていただきました。

若いRくんにも、人と向き合い感じる力があります。
人を生かす力があります。
心の悩みを救い、人生を明るくし、
世界を平和にみちびく尊い教えに感動し、
実践する青年が一人でも増えるように
努力精進させていただきたいと思います。
(上村安男 男子部長)

卒林式(2019/3/9)


創立記念日(2019/3/5)
   
.
.

ダーナ日(2019/3/3)
 
 
ダーナの日、近畿支教区から佐野教務員さんをお迎えし、
聖壇作法講習をさせていただきました。
教務員さんから本部の聖壇の姿に感動をして
導かれた方の話を聞かせて頂き、
聖壇ひとつで、布教や導きにつながっていくことを
教えていただきました。
また、心が整うと形が整う。
形が整うと心が整うと教えていただきました。
一歩ずつではありますが、心と形を整え、
姿で導けるような聖壇を目指していけたらと思います。
(K壮年部長)

朔日参り(2019/3/1)

.    


 

 

平成31年2月行事報告 o(^▽^)o☆彡

西大和婦人部チョコ作り(2019/2/24)

.


 

青年練成(2019/2/23-24)
     
.


涅槃会(2019/2/15)
.    
.


婦人部第一課程(2019/2/12)
.  


今年の婦人部学習は、佐野教務員さんを講師にお招きし、
青年第1課程を全8回させて頂きます。
1回目は、人生と宗教・釈尊のご生涯と仏教の要諦について学ばせて頂きました。
「宗教とは人生の羅針盤。迷った時により良く生きる為の道しるべとなる」
と教えて頂きました。

また、釈尊がご入滅を前に説かれた「自燈明・法燈明」を、
「他人をよりどころとしてはいけない。
あくまでも自分で立ち、自分で歩まなければいけない。
その自分がよりどころとするものは、法・真理よりほかにはない。
まちがっても他(自分の外にあって、自分を支配していると考えられるような「神」、
そういうもの)をよりどころとしてはならない」と教えて頂きました。

私自身立正佼成会に入会する前は宗教に対する偏見がありました。
(戦争をして良いという神はいないはずなのに、
何故宗教の違いによって争いがおこるのか?宗教って何だ?)
と疑問を持っていた私にとって、
「神をよりどころとするのではなく、あくまでも法・真理と自分をよりどころにするのですよ」
と説かれた釈尊の教えは衝撃でした。

入会当初に「この教えであれば信じていける!」と確信した事を、
今回のお勉強で思い起こさせて頂きました。
開祖さま・会長先生が願われているように、
特に若い方には、正しい宗教の意義を知ってもらい、
人生の羅針盤をつかんでもらいたいと願いながら、
一人でも多くの方に、今回学んだ事をお伝えしていきたいと思わせて頂きました。
(K婦人部長)

 

.成人・1/2成人祝賀会(2019/2/3)
.  
.


新春の集い(2019/2/3)
  
   

成人、1/2成人、厄年、還暦の方、誠におめでとうございます。
豆まきで、福をたくさん、いただきました。支部長さんの劇、献奏、
壮年部さんの二人羽織りなどの出し物で笑わせていただきました。
久々の福踊りも素晴らしかったですね。いったい、どなただったんでしょうか?